南岳小屋で一泊は強風が吹き荒れて小屋がうなっていた。

小屋内は暖かくよく寝れた。

明けた朝は少し風は収まっていたがガスの中
少しでも晴れるのを待って出発

北穂からの登山者のヘッドランプが見える
20151004003

富士山も見える。この稜線だけ雲がかかっている様子。
20151004004


6:40遅めのスタート
20151004005

 

いきなり急斜面をビビリながらくだり

ガスの岩場をひたすらマークを探しながら進んで

時々晴れると絶壁に足がすくみあがる
写真をとる余裕がなかった。
20151004007

20151004008
20151004009
20151004010
20151004011

20151004012
20151004013  2015100401420151004015

何処歩いているのかわからないまま

写真もほとんどなし。緊張で撮る余裕なし。
8:40 A沢のコル到着

20151004016
20151004017
20151004018
20151004019
20151004020

20151004022
20151004023
20151004024

 10:30 北穂小屋到着

20151004025

10:50 北穂高岳(3106m)
こんなカッパ着てるのは自分だけだった。(しかも年代もの)
20151004027

ガスで何も見えず。涸沢に向けて降下開始20151004028
20151004029
20151004030
20151004031
20151004032

回り込んだら風もなくおだやかな天気になった。
奥穂高、前穂高には雲

年代もののカッパを脱いで下降開始。
20151004033

涸沢ヒュッテとテント場
20151004034
20151004035
20151004036
20151004037
20151004038
20151004039
20151004040
20151004041
20151004042

14:00 涸沢小屋 コースタイムの倍かかってしまった。20151004043

上部の紅葉は終わっていたが下部はちょうどピークだった。

すれ違う登山者が見上げて悲鳴を上げていた。

初めて紅葉のときに来たときを思い出した

 20151004044

20151004045
20151004046
20151004047
20151004048
20151004049
20151004050
20151004051
20151004052
20151004053
20151004055
20151004056
20151004057
 

17:30 感覚がなくなった足を引きずって横尾到着

20151004058

日曜日なのに満室で後から到着した8人と一緒に談話室が寝床になった。意外と快適にねれた。

20151004060

 適当に夜空を撮ったら天の川が写った。

20151004061